【行政書士 予備校】「アガルート」が合格者を多く輩出している理由

行政書士試験
スポンサーリンク

こんにちわ、こっぺです。

  • アガルートってどうして合格率高いの
  • アガルートってどうなの?

と思っている方いらっしゃいませんか?

この記事では、そんな方に向けて、行政書士受験生であるこっぺが、アガルートが合格者を多く輩出している理由を受験者視点から書いていきたいと思います。

行政書士試験対策にアガルートを利用しか迷っている人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

「アガルート」が行政書士試験合格者を多く輩出する理由

2021年11月14日から行政書士試験受験者の方のツイートをチェックしていたんですけど、合格者の方で「アガルート利用者」が目立ったんですよ。

どうしてアガルートが多くの合格者を輩出するのか、受験者視点から思ったことを書いていきたいと思います。

理由①:2人のカリスマ講師

アガルートには「豊村 慶太」「相賀真理子」という2人の先生がいらっしゃるんですけど、この2人の先生の講義がすごく分かりやすいっていう評判なんですよね。

「豊村 慶太」講師

法律の勉強については「講義が分かりやすい」ってものすごーーーーーく大事だと思うんですよ。
YouTubeに豊村先生のサンプル講義があるんで、ちょっと見てもらえますか?

僕はこの講義を見て思ったんですけど、条文の意味とか丁寧・簡単な言葉に変えて説明してくれているし、判例の説明なんかとっても分かりやすいんです。

あの、法律関係の勉強って、イメージできる説明をしてもらえると、すぐに覚えられるんですよね。
例えば、判例を単に判決・判旨だけ解説するんじゃなく、事件全体を動画のような親しみやすい解説で説明してもらえたら、すごく分かりやすいですよ。

豊村先生は受験者に向けてのメッセージでこんなことを仰っています。

「合格に必要な知識をわかりやすく」
行政書士試験は「法律系資格」といわれますが,他の法律系資格と比べると圧倒的に初めて法律に触れる方が多いのが特色です。
ですから,私の講義では,そのような初学者の方にも理解しやすいように,豊富な具体例を出して説明をしていきます。時には「ドラ息子」が出てきたり(無権代理人と相続),時には銀座のホステスのアケミちゃんが登場したりします(遺留分)。
また,行政書士試験受験生の多くは,お仕事をされながら受験を目指される社会人の方です。ですから,講義内では復習を効率的に行えるように,ラインを引いたりマーカーで重要部分を色づける等してテキストに積極的にメリハリをつけていきます。それにより復習時に重要部分や暗記すべき事項が明白になり,復習時の時間短縮が図れます。
行政書士試験の合格に必要な知識や戦略を余すところなくお伝えしますので,是非,アガルートアカデミーの講義を利用されて,試験の合格を勝ち取ってください!

引用:https://www.agaroot.jp/gyosei/list/enshu_cr01/

分かりやすく説明したい、効率的に学習して合格してほしいという気持ちが講義にも表れています。

「相賀 真理子」講師

もう1人のカリスマ講師、相賀先生の「ハッキリ言ってくれる」説明はいいですね。

元アナウンサーだけあって、言葉の発し方や話すスピードをこちらに合わせていらっしゃるのはもちろん、サンプル動画でいえば、勉強のロードマップを体系的な面からしっかりと伝えてくれる、ハッキリとした解説はとても好印象でした。

相賀講師は、受験生に向けてこんなメッセージを送っています。

皆さんはじめまして!相賀真理子です。
行政書士試験は180点さえ取れれば合格できます。
誰かを何人蹴落とさなければいけない、ではなく、自分自身の力が試される試験です。
受験勉強は「孤独」です。
やる気が出ないなぁ…眠いなぁと思っている時でもついつい講義を受け続けられるような、モチベーション維持の面でもサポートできるような講義を目指しています。
もし皆さんが一度でもこの試験にトライしてみようと思ったなら、その気持ちを大切にしてください。
最後まで寄り添い、応援し続けます。
皆さんを合格に導けるよう、全身全霊を込めた講座をご提供します。

引用:https://www.agaroot.jp/lecturer/mariko_aiga/

心強さを与えてくれる、相賀先生のサポートが多数の合格者を輩出する決め手にもなっているような気がします。

「講師の講義が自分と合う」っていうのは、実は予備校選びで一番大事なこと

アガルートが多くの合格者を排出する理由は、このお二人の誰が聞いても分かりやすい講義にあります。

理由②:facebookで無限に質問できる

アガルートが行政書士試験合格者を多く輩出している理由の2つ目が「無限に質問できる」ことだと思うんです。

講義が分かりやすくても、個人によってはどうしても疑問に思うことが出てくるんですよね。

それを質問できて、講師が返してくれるんです、しかも無限に

分からない事があってもモヤモヤせずに勉強を進めることができるのも、アガルートが合格者を多く輩出している理由の1つですね。

理由③:テキスト

アガルートが行政書士試験合格者を多数輩出している理由の3つ目が「分かりやすい」「出題カバー率93%」のテキストだと思うんです。

適度に改行されてて読みやすく、丁寧に説明が書いてありますね。
内容では他の出版社のテキストで省かれるような箇所も、憲法や行政法に関係していることはきちんと書いてあって、中身的には濃いと思います。

それから、出題範囲カバー率93%と謳っていますが、どうやら本当らしいです。
「岡島家の四方山話」さんで実際に検証してみたらしいのですが、嘘ではないみたいですね。

出題カバー率が高いほど多くの情報と分かりやすいテキスト、合格者を多く輩出する理由の1つです。

理由④:カリキュラムの内容が濃い

アガルートが行政書士試験合格者を多数輩出している理由の4つ目が「カリキュラムの内容が濃い」ということ。

アガルートの講座は①初学者向けの「入門総合カリキュラム」②勉強していた方向けの「中上級総合カリキュラム」③もう少しで合格できるレベルの人向けの「上級総合カリキュラム」、④半年で合格を目指す人のための「速習カリキュラム」と分かれています。

アガルートの行政書士試験の各講座のカリキュラムはこんな感じ

アガルート 行政書士「入門総合カリキュラム」(フル・ライト)
  • 入門総合講義(共通)
    (合格に必要な基礎知識を学ぶ)
  • 短答過去問解説講座(共通)
  • 記述過去問解説講座(共通)
  • 「択一式完成への問題」解説講座(共通)
    (民法で合格するために必要な知識を多資格問題からフォロー)
  • 逐条ローラーインプット講座(フルのみ)
    (民法・行政法について条文に沿って知識を確認していく復習講座)
  • 文章理解対策講座(フルのみ)
アガルート 行政書士「中上級総合カリキュラム」(フル・ライト)
  • 中上級総合講義(共通)
  • 総まくり択一1,000肢攻略講座(共通)
  • 総まくり記述80問攻略講座(共通)
  • 逐条ローラーインプット講座(フルのみ)
    (民法・行政法について条文に沿って知識を確認していく復習講座)
  • 文章理解対策講座(フルのみ)
アガルート 行政書士「上級総合カリキュラム」(フル・ライト)
  • 図解まとめ講座(共通)
    (図表を使って基本事項を短時間で一気にまとめ上げる)
  • 「START UP」判例解説講座(共通)
    出題される可能性のある判例に特化して徹底的に学習
  • 他資格試験過去問ベストセレクション講座(共通)
  • 総まくり記述80問攻略講座(共通)
  • 逐条ローラーインプット講座(フルのみ)
    (民法・行政法について条文に沿って知識を確認していく復習講座)
  • 文章理解対策講座(フルのみ)

アガルートのカリキュラムは民法・行政法を隙なくやっていく印象ですね。

他の予備校でも基礎講座・過去問解説・記述式対策はやってますけど、逐条ローラーインプット講座とか多資格問題から民法に必要な知識を補充するような講座はないです。

特に逐条ローラーインプット作戦は良いですよ。
民法や行政法の条文に沿って、解釈の仕方や具体例を挙げて説明してくれる講義です。
この講義の内容なら、僕も受けたいですね。
(因みに、「逐条ローラーインプット講座」はこの講座だけ買うこともできます。)

ここまでみっちりやれたら、そりゃ合格者を多く輩出している理由が分かります。

スポンサーリンク

「アガルート」のちょっと気になる点2つ

そんなアガルートにもちょっと気になる点があります。

それは「講義ボリューム」「価格」です。

気になる点①:講義のボリューム

アガルートの気になる点の1つが講義のボリューム、ですよね。

講座名/ライトorフルライトフル
「入門総合カリキュラム」266時間340時間
「中上級総合カリキュラム」320時間395時間
「上級総合カリキュラム」132時間206時間
「速習カリキュラム」164時間

アガルートのカリキュラムは全講義最大で395時間、最小で132時間です(因みに、他の予備校の講義時間は最大で200時間前後)。
393時間と言えば、1年計画で1日約1時間30分、半年計画であれば1日約2時間30分の講義を聞く時間が必要になります。

これ、僕みたいに働きながら受講しようとすると、時間の確保が厳しいかもしれないです。

でも、試験での重要科目「行政法」「民法」をみっちりやって、絶対に試験に合格してやるんだ!っていう人には、価値ある時間になりますよ。

気になる点②:価格

アガルートのもう1つ気になる点が価格ですね。

アガルートの各講座の価格は次のようになっています。

講座名/ライトorフル講義のみライトフル
「入門総合カリキュラム」168,000円
184,800円(税込)
208,000円
228,800円(税込)
238,000円
261,800円(税込)
「中上級総合カリキュラム」248,000円
272,800円(税込)
268,000円
294,800円(税込)
288,000円
316,800円(税込)
「上級総合カリキュラム」178,000円
195,800円(税込)
208,000円
228,800円(税込)
「速習カリキュラム」108,000円
118,800円(税込)

アガルートの価格は全体的に高めです。
平均的な会社員の給料から考えると痛い出費になりそうです。

アガルートの「割引制度」「合格特典」

アガルートは講座価格が高めなんですけど、「割引制度」「合格特典による割引」で、安くなる場合があるんです。

割引制度

割引制度は次の人が対象になります。

割引制度の対象になる人
  • 過去にアガルートの行政書士試験対策カリキュラムを利用したことがある人
  • 行政書士試験を受験したことがある人
  • 宅地建物取引士試験・社会保険労務士試験・土地家屋調査士試験に合格している人
  • 他の予備校・通信講座・スクール等の有料講座で学習していた人
  • ご家族の方がアガルートの講座で学習していた人

受講を考えている人は、せっかくだから利用しちゃいましょう。

合格特典

アガルートには合格特典があって、アガルート利用者が試験に合格すると「お祝い金5万円」か「全額返金」どちらかを選べます。

誰もが気になる全額返金は条件があるので、アガルートのサイトでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

アガルートを利用した方がいい人ってこんな人

行政書士試験合格のためにアガルートを利用した方がいい人ってこんな人です。

アガルートの行政書士試験カリキュラムを利用した方がいい人
  • 行政書士試験を絶対に合格して、行政書士で生計を立てて行きたい人
  • 昨年、他の予備校を利用したけど合っていないと感じた人
  • 豊村講師・相賀講師の講義を聞いて、自分に合うと思った人
  • 合格するために、時間を捻出してみっちりやる覚悟が出来る人

アガルートは割引制度や合格特典を利用しても、決して安い価格ではないです。
それに、カリキュラムをこなすなら膨大に時間を捻出する必要があります。

でも、豊村先生と相賀先生の分かりやすい講義重要科目をみっちり出来るカリキュラム無限に質問できる環境出題カバー率が高く分かりやすいテキストだったら、合格はかなり近づくと思います。

だから、本気で行政書士試験に合格したい!という人にはアガルートがオススメです。
生半可な気持ちで受講しようものならお金と時間がもったいないです。

行政書士試験に合格して、自分の将来を変えてやるんだ!と思っているならアガルートが良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました